支店長弁護士インタビュー

調布支店長 第二東京弁護士会蓑島 弘明弁護士

泉総合法律事務所調布支店長、蓑島弘明(みのしまひろあき)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

 

不安な方は、どなたか付き添いの方をお連れいただいても大丈夫です

――― まずは、調布支店についてお聞かせください。調布支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりで、歩きやすさ・道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

京王線調布駅から徒歩7分です。駅から事務所までは少し距離はありますが、調布駅中央口から調布駅南入口T字路を右折します。
このT字路にはブックオフという古本屋があり、目印となりますので、初めての方でも迷うことは少なくご来所いただけると思います。

TUTAYA、東急ストア、モスバーガー、ブックオフ、バーミヤンという全国区のチェーン店もあれば、地域密着の喫茶店や飲食店が共存した町です。
歩道も奇麗に整備され、地域の方々に優しい街づくりをしているという印象を受けます。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

相談室は2室用意しております。陽当たりが良く、清潔感のある内装となっています。
3人程度は座れるテーブルの大きさですので、お一人でご来所するのが不安な方は、どなたか付き添いの方をお連れいただいても大丈夫です。

 

心置きなくお話いただけるような雰囲気作りに努めています

――― 蓑島先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。できるだけ早くレスポンスをするために、心がけていることや、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために、心がけていることなどをご紹介ください。

裁判所への出頭や法律相談などで弁護士が席を外すこともありますが、当所は事務局も多数在籍しており、バックアップ体制が整っております。事務所にご連絡いただければ、電話・メール・ファクスなどで、弁護士から依頼者様へのレスポンスを速やかに行うよう心がけております(ただし、回答差し上げるにあたり調査などが必要な場合には、別途お時間をいただく場合もございますので、ご容赦ください。)。
原則として1~3時間以内を目安に、遅くとも可能な限りその日のうちにレスポンスするよう努めております。

 

――― 法律相談で、ご相談者様と接する際、先生が大切にしていることや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みをご紹介ください。

相談者様の立場に寄り添いながらの法律相談を心掛けております。また、できる限り専門用語を使わず、できるだけかみ砕いた平易な言葉での説明を心掛けております。
また、法律上どのような解決が図れるのか、この点につきましてもご提案させていただきます。どの方法をもって臨むのがベストか、ご依頼者様の置かれた状況をヒアリングした上で、方針の選択・ご提案をさせていただきます。

また、私自身フットワークが軽く、もともと移動が苦にならないタイプですので、こまめに裁判所本庁(霞が関)や立川支部その他、各機関などへ足を運ぶようにしております。
私の生家も京王線沿線にあるため、調布エリア周辺の土地勘もございます。

弁護士はご依頼者様と協働する存在です。ご依頼者様と信頼関係が築けるよう、また心置きなくお話いただけるような雰囲気作りに努めています。

 

――― 先生にとって、事件解決に取り組む際のモチベーションとなっているものをご紹介ください。

自らが成し遂げなければならない事務であることを自覚することです。また、誤解を恐れずに言えば、相談や依頼を受けるということがモチベーションになります。
さらに、事件解決の形はその性質やご依頼者様の状況などによってさまざまですが、困難な状況・特殊な状況でも何らかの解決策があるはずです。それらを模索することもこの仕事の醍醐味だと感じております。

そして、ご依頼者様や社会全体が少しでも良い方向へと向かうための一助をなしているという点では、非常にやりがいを感じながら、日々の業務に取り組んでおります。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

たとえば、債務整理事案でよく見るのは、その手続をするにも費用が必要であるのに(破産・再生の法的整理の場合には、弁護士費用とは別に裁判所に納める費用も必要になります)、そのような費用の捻出ができない状態でご相談にいらっしゃるケースです。債権者からの督促の手紙が来たり、すでに職場に電話がかかってきたりしているケースも見られます。そうした状況に陥るまでに、先送りにしていた借金問題と対峙していただくことも重要だと思います。

また、交通事故や不倫慰謝料などの損害賠償請求をはじめ、さまざまな法律上の制度に期間制限(時効など)があります。またそうした制度面での制限でなくとも、事実上、事件解決にあたって重要な証拠が時の経過とともに散逸し、収集困難となってしまうことがあります。

弁護士に相談した方がよいのではないかという悩み事があれば、問題がこじれたり、解決が事実上不可能になってしまったりする前に、気兼ねなくご相談いただければと思います。

 

――― 最後に、お聞きします。先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

まず、法的手段の選択のため、ご相談者様より背景事情をお話しいただき、弁護士とともに問題に向き合っていただきたいと考えています。その結果として、問題や事件が解決すれば、心情面の明るさも取り戻すことができます。
他方で、費用が多額に上る場合などには、ご依頼者様ないしは相手方の資力(回収可能性)との兼ね合いで、解決の形も柔軟に提案させていただきます。

 

――― インタビューは以上です。蓑島先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

無料相談受付中! Tel: 0120-690-470 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-690-470
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ