交通事故 [事例10]

40代自営業者、後遺障害14級にて、物損含め約350万円の示談金獲得

40代男性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫、肋骨骨折 340万円を獲得

背景

Aさんが自転車を押して歩いていたところ、店の駐車場からバックで出ようとしていた自動車にぶつけられた事故です。

Aさんが、自分自身では相手損保会社に丸め込まれてしまうと思い、事故直後から専門家を入れた方がよいと考え、当事務所での相談に至りました。

対応

本件では、Aさんが弁護士費用特約に加入していたこともあり、事故発生直後から当事務所が介入しました。そのため、Aさんに対しては通院の際のアドバイスなどを行い、治療終了後、後遺障害の申請をしたところ、14級9号を獲得することができました。

店舗の駐車場での事故の場合、それほどスピードも出ておらず、衝撃の度合いも公道での事故に比べて小さいと考えられますので、14級9号が獲得できるのは稀であると思います。

結果

この結果を前提に、当事務所において損害賠償額を算定し、相手損保会社と交渉したところ、裁判基準額の約9割の額で示談することができました。

物損分及び自賠責保険から回収した分も含めると350万円ほどの賠償金を獲得することができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-690-470 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-690-470
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ