交通事故 [事例9]

後遺障害14級、損保提示額から2倍以上増額して和解

50代女性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、胸背部挫傷、外傷性腰部神経根症 180万円 → 420万円に増額

背景

信号待ちで停車していたところ、後方から加害車両に追突された事故です。

相手方保険会社から損害賠償金額についての提示があった段階で、その金額が妥当なものなのかどうか知りたいとのことでご相談いただきました。

対応

争点は、休業損害、傷害慰謝料、後遺障害逸失利益、後遺傷害慰謝料の4つでした。

休業損害については、主婦休損の場合、一般的に休業日数について争いになることが多いですが、本件については当方が主張した休業日数を相手方保険会社が認めて争わなかったため、請求した金額のほぼ満額で合意ができました。

傷害慰謝料については裁判基準の8割の金額となりましたが、金額の大きい後遺障害の部分に関し、後遺障害の逸失利益については請求した金額のほぼ満額、後遺傷害慰謝料については裁判基準の満額で合意ができました。

結果

最終的に、当初の相手方保険会社提示額の2倍以上の金額で示談が成立しました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-690-470 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-690-470
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ